環境活動への取り組み

環境活動への取り組み

永和鉄鋼は、環境に配慮した事業活動を目指して環境関連法規制を遵守し、
環境負荷の計画的低減・継続的改善に努めていきます。

環境活動に対する姿勢

永和鉄鋼株式会社は、1984年の創業以来、製鋼原料加工処理業を通じて資源リサイクルに取り組んできました。2000年3月1日、当社第二営業所において、製鋼原料加工処理並びに廃棄物の収集運搬及び中間処理を活動の範囲として、ISO14001の認証を取得しています。今後も、環境に配慮した事業活動を目指して、環境関連法規制を遵守し、環境負荷の計画的低減・継続的改善に努めていきます。

   
KHK-ISO審査センター http://www.khk.or.jp/activities/iso/about_isocenter.html
ISO14001登録企業詳細 http://www.khk.or.jp/activities/iso/docs/companys/00ER-056.html
適用規格 JIS Q 14001:2004 (ISO 14001:2004)
登録ナンバー 00ER・056
発行日 2000/03/01

 

 

また、永和鉄鋼では、環境活動の一つとして、海洋緑化協会の発足にあたりこの活動に加入し、「鉄」が海の砂漠化を防止し緑の美しい海を取り戻すことに役立っていることを確かめながら、海洋緑化がCO2の吸収と固定化、さらに海藻によるバイオエタノール製造につながっていくことに関わっていこうと考えています。

一般社団法人 海洋緑化協会
一般社団法人 海洋緑化協会へのリンク

 

永和鉄鋼株式会社 環境基本方針

永和鉄鋼は、製鋼原料加工処理業および産業廃棄物処理業の事業活動(以下「事業活動」)を通じて、環境負荷の少ない資源リサイクルに正面から取り組み、これを使命として社会に貢献します。 現在だけでなく将来に影響を及ぼす地球環境問題、ならびに事業活動から生じる環境負荷への対策として、具体的な取り組みを社員一人ひとりが積極的に行うことによって、環境と調和し、社会全般の人々と共生していくことができる企業を目指します。

永和鉄鋼株式会社第二営業所 環境方針

  • 事業活動に関わる環境関連法規制および協定等を順守し、環境保全に取り組みます。
  • 事業活動について行う環境影響評価の結果に基づき環境目的・目標を設定し、目標達成に向けて社員一人ひとりが取り組みます。また、この環境目的・目標を定期的に見直すことにより継続的な改善を行います。
  • 工場内における加工処理については、適正かつ効率的な資源リサイクルが行われるよう、受け入れた物品の種類・特性に適した加工処理ないしは選別を行います。
  • 設備の稼動については、通常時および事故時等の緊急時においても廃棄物等の 漏洩・飛散など汚染の予防に努めます。
  • CO2排出削減活動として、車両運行時のエコドライブおよびアイドリングストップを励行します。

 

この永和鉄鋼株式会社第二営業所環境方針は当工場の従業員および当工場のために継続的に働いている人々に周知され、広く一般に開示します。

2013年12月3日
永和鉄鋼株式会社
代表取締役 永井 公太郎